CPAPでいびき改善

CPAP(シーパップ)療法

激しいいびきや無呼吸状態の睡眠が問題となる睡眠時無呼吸症候群の治療方法として一般的に広く用いられているのが、CPAP(シーパップ=軽鼻的持続陽圧呼吸療法装置)です。中度から重度の睡眠時無呼吸症候群の症状にCPAPでの治療が効果的です。

 

このCPAPの最大のメリットは、手術や投薬など用いないので、患者に対する負担が少ないということです。CPAP治療法では酸素マスクのような器具を装着し、鼻から空気を送り込んで、その圧力により気道を拡げて呼吸をスムーズに保つのです。これにより睡眠中の呼吸も確保でき、いびきも改善されるというわけです。

 

中度以上の睡眠時無呼吸症候群の患者に対するCPAP療法には保険が適用されます。

 

CPAP療法は、まず、空気量の調節のため終夜睡眠ポリグラフィー(PSG検査)によって、最適な空気量を調べてから治療に取り掛かります。

 

CPAPを装着した状態での睡眠により、呼吸が楽になり、いびきが改善されるだけではなく、熟睡できるので、仕事や運転中に睡魔に襲われることが無くなり事故防止にも有効なのです。さらに良質な睡眠により、朝の目覚めも爽やかになり、快適な日常生活を送ることができるのです。無呼吸や低呼吸が原因の高血圧を改善する効果も期待できます。

 

デメリットとしては、毎日の装着がわずらわしいと感じることですが、熟睡することは自分自身の健康のためのみならず、周囲に騒音の迷惑をかけないためにも必要です。CPAPの装着を中止すると、睡眠時無呼吸症候群の症状が再発してしまいます。旅行先にも携帯して快適な睡眠をとるように心がけてください。さらに、この治療を継続しながら、ダイエットによって気道周りの脂肪を減らして気道を広げるように勤めれば、やがて器具なしでも熟睡できるようになるでしょう。

 

いびき改善で快適な睡眠ここをクリック↓↓

しずかなおやすみ

関連ページ

肥満が原因のいびき改善法
肥満が原因で睡眠中の呼吸に障害が起きるいびきの改善法
睡眠時の姿勢で改善する
いびきは気道が狭くなって発生します。睡眠時の姿勢を改善するだけで防止できることもあります。
口呼吸を改善
口呼吸を鼻呼吸に改善することでいびきがなくなる
鼻テープによるいびき対策
スポーツ選手などが呼吸をスムーズにするためによく使用している鼻テープを睡眠中に装着することによっていびきを防止する方法が注目されています。
いびきを手術で改善する
いろいろな手を尽くしてもいびきが改善されない場合、手術と言う方法もあります。
アルコールといびき
飲酒した日はいびきが激しくなる
いびきを改善するツボ
ツボ療法は、さまざまな効果があります。いびきに効果的なツボはあるのでしょうか?
男子高校生のいびき
いびきで悩んでいた男子高校生
いびき改善の鼻呼吸トレーニング
口呼吸から鼻呼吸に変えるだけでかなりいびきは改善されます。鼻呼吸を身につけるためのトレーニングとは。
いびきをかかない方法を探しています
健康面や騒音面で悩みの種となるいびきをかかない方法を探しています。