いびきの改善や対策

いびき改善・対策記事一覧

肥満が原因のいびき改善法

いびきの原因で最も多いのが肥満です。太り過ぎによって、のどの周りに脂肪がつくと、呼吸に障害があらわれるのです。起きている間は、筋肉の緊張があるので問題ないのですが、睡眠中は、体を休めるために前身の緊張が緩みます。当然喉周りの筋肉も緊張が解けるため、脂肪によって呼吸器官が狭くなり、いびきとなってしまい...

≫続きを読む

 

睡眠時の姿勢で改善する

睡眠時の姿勢が仰向けだと、舌がのどの奥に下がって、気道が狭くなるためいびきや睡眠時無呼吸症候群(SAS)の原因となりやすいので、「横向きで寝る」ことに注意するだけで、いびきを防止し、改善、解消できる可能性もあります。しかし、布団に入って横向きになっていても、眠ってしまえば無意識のうちに仰向けになって...

≫続きを読む

 

口呼吸を改善

いびきの最も大きな原因の一つと言われているのが口による呼吸法の口呼吸です。睡眠中の呼吸法が口呼吸の人は、鼻呼吸にすることで、いびきが改善されることが多いのです。しかし、鼻に何らかの疾患があることで口呼吸になっている人は、耳鼻咽喉かなどの専門医の診察を受けて、鼻の疾患を治療することが必要です。呼吸系統...

≫続きを読む

 

鼻テープによるいびき対策

陸上選手やサッカー選手、プロ野球選手などが競技中の鼻呼吸をスムーズにするために用いている鼻テープですが、鼻テープを使用して鼻腔を広げていびきの治療に効果があるといったようなテレビCMが放送されて話題になりました。鼻テープはいびき対策に本当に効果が期待できるのでしょうか?人が睡眠モードに入るときには、...

≫続きを読む

 

いびきを手術で改善する

多くの方がいびき改善には「手術」が即効性があって確実だと思い込んでいるようですが、実際にはそう簡単ではありません。第一に手術費用が高額なケースがあるのです。手術自体は麻酔とせじゅうつの費用として3〜5万円程度ですが、検査入院からの手術となると保険適用でおよそ5〜7万円程度が必要です。しかし、いびきに...

≫続きを読む

 

アルコールといびき

いつもは全然いびきの症状がない人や周りに迷惑がかかるほどひどいいびきをかかない人でも、飲酒をした日の夜は、激しいいびきをかくという人もいます。アルコールが原因となるいびきは、体質によっても変わってきますが、いつもより深酒をした時ほど、激しいいびきをかく傾向にあるよです。アルコール量が多ければそれに比...

≫続きを読む

 

CPAP(シーパップ)療法でいびき改善

激しいいびきや無呼吸状態の睡眠が問題となる睡眠時無呼吸症候群の治療方法として一般的に広く用いられているのが、CPAP(シーパップ=軽鼻的持続陽圧呼吸療法装置)です。中度から重度の睡眠時無呼吸症候群の症状にCPAPでの治療が効果的です。このCPAPの最大のメリットは、手術や投薬など用いないので、患者に...

≫続きを読む

 

いびきを改善するツボ

東洋医学で発展してきたツボ療法ですが、高血圧改善や肩こり、不眠症など様々な治療に用いられます。いびき改善の方法としてもツボ刺激は効果があるといわれています。この東洋医学のツボ治療を応用したのが、「いびき防止リング」です。「レイセン」と呼ばれる左手の小指のツボがリングによって刺激され、いびき改善の効果...

≫続きを読む

 

男子高校生のいびき

私の親戚の男子高校生の幸作君は、福岡市内の進学校の修猷館高校に通う高校一年生です。ルックスは、嵐の松本潤にそっくりのイケメンですが、大きな悩みを抱えていました。それは激しいいびきです。ある日、幸作君の家に泊まった時となりの部屋から、「ガーガー」というものすごい爆音が聞こえてきたのです。私は何事かと思...

≫続きを読む

 

いびき改善の鼻呼吸トレーニング

口呼吸をやめて鼻呼吸をマスターするためには、口の周辺の筋肉と舌を突き出す筋肉を鍛えるのがベストな方法です。そのためのトレーニングとして「あいうべ体操」があります。「あいう」は口の周辺の筋肉、そして「べ」は舌を突き出す筋肉のトレーニング方法です。最初は、口をのどの奥が見えるまで楕円形にして大きく開き、...

≫続きを読む

 

いびきをかかない方法を探しています

誰もが考えるいびきをかかない方法といえば病院で治療をしてもらったり、市販のいびき解消グッズを活用するなど、考えられると思いますが、実は自力で治すことができるんですね。手術による治療でも一時的には改善するみたいですが、いびきが再発するケースも多いようです。せっかく高額な治療費を使ったのに再発してしまう...

≫続きを読む