いびきの原因となる薬

薬を服用することで発生するいびき

のどの筋肉が弛緩することで起きるいびきは飲酒が原因で発生することが多く、高齢者は筋力が弱くなることで、呼吸器がスムーズに働かなくなっていびきの原因となることが知られていますが、ある種の薬を服用することがいびきの原因となることもあります。

 

いびきの原因となる薬は、睡眠導入剤や精神安定剤などです。これらの薬には筋肉を弛緩させる作用があるので、飲酒によるいびきと同様の状態となり、いびきが発生するのです。だからと言って、いびき改善のためにこれらの薬を勝手に中断することはよくありません。睡眠導入剤や精神安定剤は、病気の治療のために医師によって処方されるので、いびきの改善よりも、まず病気の治療が優先されるからです。

 

確かにいびきは周囲に迷惑をかけ、恥ずかしいものですが、やはり騒音問題よりも病気の治療の方が重要です。どうしても気になる場合は、かかりつけの医師に相談しましょう。

 

また、睡眠導入剤などはドラッグストアでも入手可能なため、不眠症の人が個人の判断で服用しているケースもあると思います。睡眠導入剤を飲みすぎていびきをかくという場合は、かなり危険な状態と言えます。個人の判断で薬を飲むことはやめて、専門医に相談するようにしてください。

 

★いびき改善サプリ★

関連ページ

身体的原因によるいびき
のどが生まれつき狭い、肥満など身体的な原因でもいびきは発生します。
いびきの原因・体内疾患
空気の通り道の鼻や口の疾患が原因で起こるいびき
生活習慣が原因のいびき
生活習慣が原因のいびきの注意点
いびきと飲酒
飲酒が原因のいびきについて
舌の肥大
舌の肥大が原因でいびきとなることもあります。
咽頭扁桃・口蓋垂の肥大と炎症によるいびき
咽頭扁桃(アデノイド)や口蓋垂(のどちんこ)」の肥大と炎症が原因でいびきが激しくなることがあります。
タバコが原因のいびき
喫煙の習慣があるといびきをかくこともあります
肥厚性鼻炎でいびきが激しくなる
肥厚性鼻炎と言う病にになると鼻が詰まった状態が続きいびきの原因となります。
鼻茸によるいびき
鼻茸と言う病気がいびきの原因となることがあります