いびきと飲酒の関係

飲酒をしてから眠ることで発生するいびき

日常的にはいびきなど全くかかないような人でも、ビールや焼酎、ワインなどを飲酒した後で、眠るといびきをかくケースがあります。どのような理由で、人は飲酒をした後に眠るといびきをかきやすくなるのでしょうか?

 

お酒を飲んでから眠るといびきの原因となってしまう最も大きな要因は、アルコールの作用によって筋肉が緩まる為です。飲酒によって筋肉の緊張が解け、弛緩することで舌根や軟口蓋が喉の下の方へ落ち込んで上気道を塞ぎ、気道が狭くなることで、喉の粘膜を振動し、いびきをかいてしまうのです。

 

ストレスなどによる不眠症対策として寝酒をする人がいますが、普段からいびきをかく人の場合は、アルコールによって、より激しいいびきをかくこともあります。より気道が狭くなり、睡眠時無呼吸症候群の症状がある人の場合は、さらに症状が重くなることもあります。

 

飲酒はいびきの大きな原因の一つとなっているので、いびきが気になる人は、就寝前の寝酒や深酒を控えることで、いびきをかかなくなるケースもあります。

 

さらに飲酒の際のおつまみや食事は、太りやすく、肥満の原因となってしまします。肥満もいびきの大きな原因の一つなので、相乗関係があるのです。また、肥満はいびきだけでなく生活習慣病の原因にもなります。飲みすぎ、食べ過ぎには注意しましょう。

 

日常的にいびきをかく習慣がある人は、何らかの健康上の問題があると思って、気を付けましょう。いびきで寿命が縮まるといわれますが、あながち間違った言い伝えとは言えないのです。

 

★いびき改善サプリしずかなおやすみはコチラ★

関連ページ

身体的原因によるいびき
のどが生まれつき狭い、肥満など身体的な原因でもいびきは発生します。
いびきの原因・体内疾患
空気の通り道の鼻や口の疾患が原因で起こるいびき
生活習慣が原因のいびき
生活習慣が原因のいびきの注意点
舌の肥大
舌の肥大が原因でいびきとなることもあります。
咽頭扁桃・口蓋垂の肥大と炎症によるいびき
咽頭扁桃(アデノイド)や口蓋垂(のどちんこ)」の肥大と炎症が原因でいびきが激しくなることがあります。
タバコが原因のいびき
喫煙の習慣があるといびきをかくこともあります
いびきの原因・薬
ある種の薬を服用することでいびきの原因となることもあります。
肥厚性鼻炎でいびきが激しくなる
肥厚性鼻炎と言う病にになると鼻が詰まった状態が続きいびきの原因となります。
鼻茸によるいびき
鼻茸と言う病気がいびきの原因となることがあります