いびきが発生する原因

いびきの原因記事一覧

身体的原因によるいびき

いびきと一言で言ってもその原因は多岐にわたります。まず、身体的原因として考えられるのが、のどが狭いといった理由です。いびきは基本的にのどの振動によって発生するのですが、のどが何らかの理由で狭くなっていると、気道がこきゅによってはりついてしまいその振動がいびきとなるのです。気道が狭くなってしまう原因を...

≫続きを読む

 

いびきの原因・体内疾患

呼吸の際の空気の通り道である鼻や口の中に疾患があることが言でもいびきは起こります。このタイプのいびきは、大きく分けて、「体に腫瘍や炎症などが発生している疾患タイプ」と「体の一部が歪みや変形な祖を起こしている骨格タイプ」の2つが存在します。鼻の疾患鼻の中の病気によって、鼻で呼吸することが困難になると、...

≫続きを読む

 

生活習慣が原因のいびき

飲酒が原因のいびき飲酒には、全身の筋肉を緩ませる作用があるので、鼻周りの筋肉が膨張し、鼻が詰まりやすくなり、いびきをかきやすい状態になってしまいます。また、舌やのどなどの筋肉が緩くなり、重力で舌が下がることで気道が狭まり、いびきをかきやすい状態になります。さらに、鼻呼吸が静らくなり口呼吸になるため口...

≫続きを読む

 

いびきと飲酒

日常的にはいびきなど全くかかないような人でも、ビールや焼酎、ワインなどを飲酒した後で、眠るといびきをかくケースがあります。どのような理由で、人は飲酒をした後に眠るといびきをかきやすくなるのでしょうか?お酒を飲んでから眠るといびきの原因となってしまう最も大きな要因は、アルコールの作用によって筋肉が緩ま...

≫続きを読む

 

舌の肥大

いびきや睡眠時無呼吸症候群(SAS)の原因として下の肥大も多く見られる症状です。肥満がいびきの原因としてよく知られていますが、肥満によって体に脂肪がつくことで、首回りに余分な脂肪がついていびきの原因となるのですが、舌も肥満によって大きくなるケースがあり、大きくなった下によって上気道が狭くなり、呼吸の...

≫続きを読む

 

咽頭扁桃・口蓋垂の肥大と炎症によるいびき

扁桃の中でも特にアデノイドとしてよく知られている咽頭扁桃や一般的にのどちんこと呼ばれる口蓋垂が何らかの原因によって肥大化したり、炎症を起こすといびきや睡眠時無呼吸症候群(SAS)を引き起こす原因となることがあります。咽頭扁桃(アデノイド)や口蓋垂(のどちんこ)が肥大化したり、炎症を起こすと、こきゅい...

≫続きを読む

 

タバコが原因のいびき

高血圧などの生活習慣病の原因となるとされているタバコですが、いびきの原因になることも知られています。長期間にわたって喫煙の習慣がある人は、のどや気管が荒れて炎症になっていることが多いのです。喫煙者には日常的に咳払いなどが多いものです。この炎症によって上気道が狭くなり、いびきを発生させることがあるので...

≫続きを読む

 

いびきの原因・薬

のどの筋肉が弛緩することで起きるいびきは飲酒が原因で発生することが多く、高齢者は筋力が弱くなることで、呼吸器がスムーズに働かなくなっていびきの原因となることが知られていますが、ある種の薬を服用することがいびきの原因となることもあります。いびきの原因となる薬は、睡眠導入剤や精神安定剤などです。これらの...

≫続きを読む

 

肥厚性鼻炎でいびきが激しくなる

肥厚性鼻炎は、下鼻甲介が腫れた状態が続き、常に鼻が詰まった状態です。辛い鼻炎です。慢性化した鼻炎の中でも、特に下鼻甲介の腫れが慢性化したものが慢性肥厚性鼻炎と呼びます。繰り返して急性鼻炎の症状が現れたり、鼻中隔湾曲、薬剤、肝・腎・肺疾患や糖尿病などによる鼻粘膜のうっ血などが原因とされています。アレル...

≫続きを読む

 

鼻茸によるいびき

鼻茸は、鼻腔粘膜副または鼻腔粘膜(ふくびくうねんまく)から発生する炎症性増殖性の腫瘤(しゅりゅう)で、釣り鐘状で、みずみずしく浮腫状のものから、茎(くき)を有する洋梨状、線維性のもの、発赤があるものなど、様々な形状をしています。また、単房性のもの、多房性のもの、鼻腔内を充満するもの、さらには後鼻孔(...

≫続きを読む