いびきの種類

3つのタイプのいびき

いびきはその状態によって大きく3種類に分類されます。それは「単純いびき症・上気道抵抗症候群・睡眠時無呼吸症候群(SAS)(閉塞型睡眠時無呼吸症候群)」の3つのタイプです。

 

単純いびき症

一般的によくあるタイプのいびきが、単純いびき症です。単純いびき症は、特に病気と言うわけではなく、睡眠時無呼吸症候群のように睡眠中に息が一時停止するような危険ないびきではありません。しかし、いびきは、よほどのことがない限り自覚症状がありません。また、いびきをかくことと自覚している人でも、そのいびきが単純いびき症なのか睡眠時無呼吸症候群なのかは自分で判断することはできません。また、自分のいびきが単純いびき症であるとしても、慢性化して毎日のようにいびきをかいている状態だと、健康的とは言えず、何らかの病気の原因となってしまうこともあるので、耳鼻咽喉科などの専門医の診察を受けることがいいと思います。

 

睡眠時無呼吸症候群(閉塞型睡眠時無呼吸症候群)

睡眠時無呼吸症候群のほとんど、9割以上がこの「閉塞型睡眠時無呼吸症候群」だといわれています。

 

閉塞型睡眠時無呼吸症候群は、のどが狭くなってしまう上気道の閉塞によって起こります。肥満、下顎が後退している、小さいなどの骨格異常、扁桃腺肥大などが原因とされています。

 

起きている時の症状では、疲労感や眠気、胸やけや頭痛などがあります。睡眠時間は十分でも仕事中に居眠りしたり、交通事故や集中力の低下などの問題が起こります。さらに睡眠中は、呼吸が頻繁に停止し、体内への酸素の補給が不十分なため低酸素血症と呼ばれるいわゆる酸欠状態となります。そのため狭心症・心筋梗塞・不整脈などの心臓病や高血圧、脳梗塞などの危険性が増大するのです。

 

また、閉塞型睡眠時無呼吸症候群はメタボリックシンドローム、生活習慣病との合併が多く、その他、うつ状態、性格の変化といったメンタルヘルスの不調、インポテンツ、夜尿などを引き起こし、結果として、生活の質が低下することが多くなってきます。高度の肥満がある場合、肥満低換気症候群の危険性も高まります。

 

上気道抵抗症候群

呼吸時の空気の通り道である鼻から鼻腔、、鼻咽腔、咽頭、喉頭(のどから奥)を上気道と呼びますが、この上気道が狭くなることで空気の流れが悪くなり、その反動で酸素を多く取り込もうとすると振動が大きくなりいびきとなることを上気道抵抗症候群といいます。

 

上気道抵抗症候群は、軽度の睡眠呼吸障害なので呼吸が停止することはありませんが、上気道の空気の流れが悪いので、必要以上に呼吸に力が入るため、疲労感が残り、昼間眠気を感じやすく、慢性的ないびきとなるようです。

 

上気道抵抗症候群が慢性化すると、栄養不足から脳細胞が壊死しやすい脳血管障害や心疾患など心臓の働きに異常あり停止する心臓病、血管内に糖質があふれ血管を詰まらせ細胞壊死を招く糖尿病などの危険性が高くなってきます。

 

睡眠時間は十分でも疲労が取れない、体調が長期間優れないなどの症状で悩んでいるのなら、一度専門医の診察を受けてみるべきでしょう。

 

↓↓いびき改善サプリ【しずかなおやすみ】はこちら↓↓

リンク

関連ページ

いびき発生の仕組み
爆音で周りに迷惑をかけたり、健康的にも問題のあるいびきは、どのようにして発生するのでしょうか。
いびきの問題点
いびきが原因で騒音や健康面など多くの問題点があります
いびきをかく男女・子供
いびきをかくのは男性ばかりではありません。女性でいびきをかく人も多いのです。また、子供のいびきも心配です。
子供のいびき
いびきをかくのは大人だけに限ったものではありません。赤ちゃんや子供でもいびきをかくことがあります。子供のいびきは健康上問題ないのでしょうか?
睡眠時無呼吸症候群による事故
睡眠時無呼吸症候群が原因で多くの重大な事故につながっています
いびきと高血圧の関係
いびきをかく習慣がある人には、高血圧の人が多いようです。
閉塞型睡眠時無呼吸症候群
閉塞型睡眠時無呼吸症候群は、睡眠時無呼吸症候群の一種でいびきの原因となる病気です。
良いいびきと悪いいびき
いびきにも健康上問題のないいびきと、健康上問題があるいびきがあります。