いびきのメカニズム

何故いびきをかくのだろうか?

さまざまな問題を抱えているいびきですが、その原因やいびきの大きさは人によってさまざまです。しかし、いびきをかく仕組みや呼吸が音となって出るメカニズムは誰でも同じなのです。

 

いびきは睡眠中の呼吸で、空気が行き来する際に上気道ののどや鼻の中の粘膜が振動して音を発する構造です。しかし、起きている時の呼吸では音は発生せず、睡眠中の呼吸に限って音が発生するのです。睡眠中に上気道が狭くなることが原因なのです。

 

上気道はもともと狭い気管で、筋肉によって支えられているのですが、何らかの原因でさらに狭くなってしまうと、呼吸時の空気の流れが速くなり、増大した空気抵抗によって上気道の粘膜の振動が増加し、振動音や抵抗音が発生するのです。

 

上気道が睡眠中に狭くなってしまう最大の原因は、筋肉のゆるみによるものです。睡眠中は筋肉の緊張が解け、全身の筋肉が覚醒時よりも、緩んでしまいます。上気道の筋肉も同様に緩むので、睡眠中は、上気道が狭くなるのです。その結果、睡眠中の呼吸の振動音や抵抗音がいびきとして発生されるわけです。

 

他にも上気道が狭くなる原因として、飲酒や肥満、ストレスや疲労、病気、睡眠導入剤や精神安定剤などの薬、老化などが考えられます。

 

以上のように上気道の粘膜の振動によって発生するいびきですが、特に振動しやすい個所は、「口蓋垂(のどちんこ)とその上の軟口蓋」が振動しやすい部分で、さらに「喉頭(のどぼとけ)・舌の付け根」なども振動が大きい部分なのです。

 

いびきの振動を起こすのは、基本的には吸気の時の振動によるものですが、呼気の際にも粘膜の振動はあります。吸気と呼気の両方で振動していびきとなる状態を「往復いびき」と呼びます。

 

★いびき改善しずかなおやすみはコチラ★

関連ページ

いびきのタイプを知ろう
いびきは症状によって大きく3タイプに分かれます。
いびきの問題点
いびきが原因で騒音や健康面など多くの問題点があります
いびきをかく男女・子供
いびきをかくのは男性ばかりではありません。女性でいびきをかく人も多いのです。また、子供のいびきも心配です。
子供のいびき
いびきをかくのは大人だけに限ったものではありません。赤ちゃんや子供でもいびきをかくことがあります。子供のいびきは健康上問題ないのでしょうか?
睡眠時無呼吸症候群による事故
睡眠時無呼吸症候群が原因で多くの重大な事故につながっています
いびきと高血圧の関係
いびきをかく習慣がある人には、高血圧の人が多いようです。
閉塞型睡眠時無呼吸症候群
閉塞型睡眠時無呼吸症候群は、睡眠時無呼吸症候群の一種でいびきの原因となる病気です。
良いいびきと悪いいびき
いびきにも健康上問題のないいびきと、健康上問題があるいびきがあります。