いびき 寿命

いびきが原因で突然死の確率が高まる

いびき改善で快適な睡眠ここをクリック↓↓

しずかなおやすみ

 

健康な睡眠を妨げる【いびき】の習慣がある人は、日本に約2,000万人もいると言われています。いびきは家族や旅先で騒音として迷惑を掛けるだけでなく本人の健康にも様々な悪影響を及ぼすのです。

 

睡眠中に呼吸のために鼻と口から取り込む空気の流れが、何らかの原因でスムーズに行われないことによって【いびき】という騒音を発するのです。【いびき】の原因は、体質的なものでは、扁桃腺の肥大やアレルギー性鼻炎による鼻づまり、のどや舌の筋肉の未発達などがあり、また生活習慣の面では、喫煙や飲酒によるのどの腫れ、肥満による咽頭の圧迫などいろいろです。【いびき】をかいている時には、呼吸で取り込む酸素量が少なくなり、熟睡できずに眠りが浅くなったり、夜中に何度も目覚めることが多くなります。

 

さらにこの症状が悪化すると、睡眠中に頻繁に呼吸停止状態に陥る「睡眠時無呼吸症候群」といった病気になってしまいます。「睡眠時無呼吸症候群」は、重度の睡眠障害で眠っても疲れが取れないなどの健康に悪影響を及ぼすだけでなく、心臓への負担も増大します。そのため高血圧や心筋梗塞などの心疾患による突然死の危険性が80%も高まるといわれており、【いびき】がまさに寿命を縮める原因になっているのです。

いびき改善サプリ【しずかなおやすみ】でいびきを防止して静かな眠りを

目覚め

睡眠関連の研究を行っている潟Jイミンのいびき改善サプリ【しずかなおやすみ】は、飲むことでいびきが抑えられ、健康な睡眠をもたらしてくれます。

 

【しずかなおやすみ】は、「いびきが静かになった」「良質な睡眠で朝の目覚めが気持ちいい」と評判なのです。

 

いびき改善サプリメントの【しずかなおやすみ】は、主成分の活性化コエンザイムQ10のむくみ解消作用によって、むくんだり、緩んだりして、狭くなってしまったのどの粘膜を正常な広さに戻す効果があります。この働きによって、上気道のスムーズな空気の流れを確保することで、粘膜の振動を抑え、その結果として、いびきが軽減されるのです。

 

いびき改善サプリメントの【しずかなおやすみ】のモニター調査では、全体の約70%の人が効果を実感したのですが、残念ながら、いびきの自覚がある人のすべての人に有効というわけではありません。肥満、鼻やのどの疾患など、いびきの原因が身体的、病的なものであるとハッキリと特定されている場合は、その根本的な原因を解決しない限り、【しずかなおやすみ】だけを飲んでもあまり効果は期待できません。

 

肥満が原因でいびきの症状がある場合は、肥満によって、のどの粘膜や舌の脂肪が厚くなっているために軌道が振動して、いびきの症状があらわれているので、サプリメントだけの働きでむくみを解消しても、上気道を確保することは困難なのです。肥満を解消して、ある程度軌道を広くする必要があるのです。

 

また、鼻の疾患などで、鼻呼吸に問題があって、口呼吸なっていていびきの原因になっているケースでは、鼻の病気の治療を行って、口呼吸を改善する根本的な治療が必要です。

 

しずかなおやみの通常価格5,960円(約1か月分)が
今なら初回限定2,700円(送料無料)でお得です。

 

★安らかな睡眠で健康に・ここをクリック★

いびき改善サプリ「しずかなおやすみ」の特徴

老若男女を問わず、多くの人々がいびきで悩んでいます。そのためインターネットやドラッグストアなどで、鼻孔拡張テープやマウスピース、枕など数多くのいびき対策グッズが販売されています。しかし、これらのいびき対策グッズは、補助的な効果しか望めず、根本からいびきを改善することはできません。

 

いびきを根本的に改善するためには、体質改善が必要です。喉周りの筋肉の腫れを抑えたり、血流を改善するといった体の内側からのケアが必要不可欠なのです。そこで眠りのお悩みの研究開発を行っている「カイミン」が注目したのが、コエンザイムQ10です。コエンザイムQ10には、体の代謝や巡りを改善する効果があるのです。

 

いびきは、のどの空気の通り道が狭くなって起こります。睡眠中には、心臓や筋肉など体全体の動きが鈍くなり、むくみが生じるのです。喉周りの筋肉なども同様にむくみ、筋肉のゆるみによってたるんでくるのです。そのため、のどや鼻などの気管の空気の流れが悪くなり、いびきの原因となってしまうのです。

 

サプリメント

このいびきの原因となるのどのむくみや筋肉のたるみを改善してくれるのがコエンザイムQ10なのです。しかし、優秀なコエンザイムQ10にも欠点がありました。それは水に溶けにくい脂溶性のコエンザイムQ10は、そのままの形では、体に吸収されにくいのです。通常の食事で私たちがコエンザイムQ10を補給できるのは、わずか10mg程度です。これではいびきを改善するためには全然足りません。もし、理想的な量のコエンザイムQ10をイワシで補給しようとしたら、1日20匹も食べなければならず、そのようなことは不可能です。

 

「カイミン」は、この問題を活性化コエンザイムQ10(CoQ10)という、体に吸収されやすいコエンザイムQ10を配合することで、効率よく吸収することで解決したのです。活性化コエンザイムQ10(CoQ10)は、特許を取得した独自の製法で作られており、「しずかなおやすみ」は、いびき体質を根本から改善してくれる本物のいびき改善サプリメントと言えるでしょう。

 

↓↓いびき改善サプリ【しずかなおやすみ】はこちら↓↓

リンク

 

コエンザイムQ10は、万能

 

「しずかなおやすみ」の主成分であるコエンザイムQ10は、いびき改善のために抜群の効果を発揮しますが、それ以外にも数多くの効能があります。そんなコエンザイムQ10についてもっと詳しく知りましょう。

 

1.アンチエイジングに効果抜群
日本でコエンザイムQ10を一躍有名にしたのが、なんといってもアンチエイジング効果でしょう。少子化の影響で日本の人口は2005年からマイナスになりました。そのため高齢者の割合がどんどん増えてきました。日本を元気にするためには、高齢者・熟年者が活発に活動できることが重要です。そのためにはアンチエイジングの研究が必要です。
アンチエイジングのために最も必要なのは、生命活動に必要不可欠で、年齢と共に細胞から失われていく成分です。これをサプリメントとして、簡単に安全に捕球することを可能にしたのがコエンザイムQ10なのです。
コエンザイムQ10は、「アンチエイジングの切り札」「100年に一度の素材」と呼ばれ、活力が出てきて、肌ツヤの回復などが実感できるのです。

 

2.コエンザイムQ10の役割
細胞内のミトコンドリアで、人の生命力となるエネルギーが生産されています。このエネルギーを生産するための酵素を補助する酵素がコエンザイムなのです。コエンザイムはオレンジ色の物質で、1957年に発見されました。キノン構造で10単位の側鎖で構成されることから,コエンザイムQ10と呼ばれています。ストレスが多い現代人は、活性酸素が体内に多くなり、細胞が劣化してしまいます。その回復のためには、ビタミンEやビタミンC、そしてコエンザイムQ10が重要な働きをするのです。

 

3.二十歳から失われるコエンザイムQ10
私たちの心臓は、生きている限り働き続け、栄養と酸素を体の隅々まで供給します。心臓を元気に動かすためのエネルギーを生産するのにコエンザイムQ10を欠かすことはできません。しかし、心臓のコエンザイムQ10の含有量は20代でピークを迎え、その後、四十代で30%、八十代で50%とどんどん減少し続けるのです。同様に肝臓,腎臓,皮膚などの臓器でも減少し続けます。加齢によるコエンザイムQ10の減少は、老化の大きな要因と言えるでしょう。

 

4.コエンザイムQ10の摂取法
老化によって減少するコエンザイムQ10を補給するためには栄養バランスが取れた食生活が理想です。しかし、日常の食事だけで十分なコエンザイムQ10を補給することは、とても難しいのです。そこでサプリメントを利用しての摂取が効率的です。欧米では一日100-300mgのコエンザイムQ10が摂取されています.コエンザイムQ10は、水には溶けにくく、油で溶けやすいので、食後に摂取することが重要です。空腹時では、吸収されにくいので、効率が悪いのです。

 

5.コエンザイムQ10の安全性
1974年以来使用され続けてきたコエンザイムQ10ですが、深刻な副作用の問題は一度も報告されていません。本来は、私たちの体の中で合成されている物質なので、安全であるといえるでしょう。一日1200mgコエンザイムQ10を16ヶ月間摂取しても問題は生じていません。

 

6.コエンザイムQ10の体感
コエンザイムQ10は、体中のあらゆる細胞が必要としているので、サプリメントの摂取によって、さまざまな効果を実感できます。いびき改善の「しずかなおやすみ」の効果はその一部に過ぎません。他にも疲労がたまらなくなった,活気が出た,肌ツヤが良くなった,二日酔いしなくなった,足のむくみが消えた,爽快な目覚め,運動の疲労が早く回復するようになった,集中力が増加した,風邪をひきにくくなった,頭痛が消えた,歯茎が元気になったなどです。

 

7.トップアスリートも注目
日夜、筋力アップと持続力の強化に励んでいるトップアスリートにとって、エネルギーを生み出し、運動による筋肉細胞の破壊を抗酸化作用で防ぐコエンザイムQ10は、なくてはならないサプリメントです。オリンピックの金メダリスト、プロスポーツ選手などコエンザイムQ10を愛用している人は数知れません。